コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワガタソウ(鍬形草) クワガタソウVeronica miqueliana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワガタソウ(鍬形草)
クワガタソウ
Veronica miqueliana

ゴマノハグサ科の多年草山野に自生する。茎は直立,高さ 15cmほどで分枝しない。葉は表面に毛があり,長楕円状卵形で鋸歯をもち,対生する。初夏に,総状花穂を茎頂の葉腋に出し,淡紅紫色の花をつける。花冠は左右対称形の4裂片に分れ,おしべ2本とめしべ1本がある。花後,扁円形で凹頭の 蒴果を生じるが,これに宿存萼を伴った形が兜の鍬形に似ているのでこの名がある。同属近縁種が多数あり,ミヤマクワガタなど高山性の種類も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クワガタソウ(鍬形草)の関連キーワードゴマノハグサ科

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android