コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンショウモ(勲章藻) クンショウモPediastrum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クンショウモ(勲章藻)
クンショウモ
Pediastrum

緑藻類クロロコックム目アミミドロ科に属する淡水藻。多数の種が知られているが,いずれも湖沼,湿原,池などでプランクトンとして生活している。4~64まれには 128の細胞が平板状に集って群体をつくっている。細胞の径は大きくても 20μmほどで,群体も径がせいぜい 200μmの微小な藻類である。個々の細胞は一方がへこんだ形で,周辺のものはしばしば突起をもっている。個々の個体が分裂すると群体は解かれておのおのが新群体となる。クンショウモの名は群体の形による。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クンショウモ【クンショウモ(勲章藻) Pediastrum】

4個,8個,16個,32個または64個の細胞が同一平面上に一見,勲章を思わせる形状に,放射状に集まって群体をつくる緑藻。クロロコックム目アミミドロ科の1属。種類数が多く,日本では約10種を数える。群体の大きさは多くの種では100μm程度で,群体を構成する細胞の大きさは10~30μmのものが多い。また周縁部の細胞が外側に向かって1~2本の角状突起をもつ種が多い。世界各地の水田,池,湖沼,水溜りなどに生育する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android