コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンブム寺 クンブムじSku ’bum

世界大百科事典 第2版の解説

クンブムじ【クンブム寺 Sku ’bum】

中国,青海省湟中県魯沙爾鎮の南西,西寧より30kmにある青海地方最大のラマ教寺院。黄教(ゲルー派)六大寺院の一つ。全国重点文物保護単位に指定。クンブムとはチベット語で十万仏像の意。塔爾寺とも称されるが,その名は本殿に相当する大金瓦殿内に黄教の開祖ツオンカパ(宗喀巴)をまつる大塔があることに由来する。1577年創建。境内には仏殿,仏塔,僧舎等の漢・チベット混合様式の古建築多数があり,盛時には寺僧3000余人を擁したという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

クンブム寺の関連キーワードシーニン(西寧)特別市

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android