コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンブム寺 クンブムじ Sku ’bum

1件 の用語解説(クンブム寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クンブムじ【クンブム寺 Sku ’bum】

中国,青海省湟中県魯沙爾鎮の南西,西寧より30kmにある青海地方最大のラマ教寺院。黄教(ゲルー派)六大寺院の一つ。全国重点文物保護単位に指定。クンブムとはチベット語で十万仏像の意。塔爾寺とも称されるが,その名は本殿に相当する大金瓦殿内に黄教の開祖ツオンカパ(宗喀巴)をまつる大塔があることに由来する。1577年創建。境内には仏殿,仏塔,僧舎等の漢・チベット混合様式の古建築多数があり,盛時には寺僧3000余人を擁したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クンブム寺の関連キーワード崑崙山脈チベット語長江青海原祁連山西寧青海省ツァイダム盆地青海チベット(青蔵)高原青海チベット鉄道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone