黄教(読み)こうきょう

大辞林 第三版の解説

こうきょう【黄教】

チベット仏教の一派。一五世紀にツォンカパ(宗喀巴)が主唱した革新的なチベット仏教。戒律を重視する。旧派の紅教に対抗して黄帽・黄衣を着けたことからの呼称。黄帽派。道徳派。ゲルク派。 → 紅教こうきよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐きょう クヮウケウ【黄教】

〘名〙 ラマ教の一派。一四世紀末にツォンカパ(客喀巴)が主唱した新流派。黄色の法衣を着るところから黄衣派・黄帽派・ゲルクともいわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

黄教の関連情報