コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏殿 ブツデン

デジタル大辞泉の解説

ぶつ‐でん【仏殿】

仏像を安置し、礼拝する建物。仏堂。
禅宗寺院で、伽藍(がらん)の中心にあり、本尊を安置し礼拝する建物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶつでん【仏殿】

寺院などで、仏像を安置し、礼拝するための建物。特に禅宗では、本尊を安置し寺院の中心になる建物をいう。本堂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏殿
ぶつでん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の仏殿の言及

【金堂】より

…古代仏教伽藍の本尊を安置する主要堂で,後世の本堂にあたる。仏殿ともいわれ,中国,朝鮮では大雄宝殿などとも呼ぶ。金堂の呼名は百済,新羅にあり(《三国遺事》),金人(本尊仏)の堂という表現から生まれたらしい。…

【禅宗寺院建築】より

…五山は国家鎮護の道場として朝廷と幕府の官寺格となって手厚く造営され,伽藍も完備した大規模なものとなった。 禅宗寺院の伽藍は,背面に丘を負い前面へゆるい勾配で下がる寺地に,古代伽藍同様に中心軸上に総門,三門(山門),仏殿,法堂(はつとう)を配する。三門から回廊が出て前庭を囲み,仏殿または法堂に達する。…

【塔】より

…浮屠(または浮図)は仏陀の転訛で,のちにはもっぱらストゥーパstūpaを音写した率都波の訛略である塔の名で呼ばれる建築類型を指す。すなわち,初期の仏寺に出現した浮屠は,インドのストゥーパの象徴的な細部,チャトゥラーバリ(傘蓋),ヤシュティ(傘竿)を,中国の伝統的な木造楼閣に採取した建築であると同時に,機能的には後世の仏殿に相当するものであった。その後,伽藍内において仏を供奉する仏殿と仏舎利を安置する高塔の機能分離が行われ,後者の建築類型として定着したのが,中国独自の仏教建築形式としての塔であるといえよう。…

※「仏殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仏殿の関連キーワード和歌山県有田郡有田川町植野愛媛県四国中央市川之江町大阪府堺市堺区南旅篭町東大分県国東市国東町横手山口県下関市長府川端石川県金沢市長坂町富山県高岡市関本町愛知県岡崎市片寄町山梨県山梨市三ケ所山梨県甲府市東光寺華厳寺(中国)古満休意(1)養老軒宗阿円覚寺境内鎌倉の大仏ナーランダ石川精舎伽藍配置古満休意大仏殿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏殿の関連情報