コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーチェク・ハーン Kūchek Khān

1件 の用語解説(クーチェク・ハーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クーチェク・ハーン【Kūchek Khān】

?‐1921
第1次世界大戦中,および直後のギーラーン根拠地にしたイラン民族運動指導者。ギーラーン州ラシュト市の立憲革命市民軍に参加後,大戦中,〈ジャンガリー(森林パルチザン)〉をイスラムの旗のもとに組織,イランの帝国主義支配からの解放を目指して抵抗した。大戦直後に勢力を拡大,1918年,バクーに向かうイギリス軍と衝突後,協定を締結。20年,ソビエト軍の支援でギーラーン共和国の主席となる。【加賀谷 寛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クーチェク・ハーンの関連キーワードダラディエチーホノフレジスタンス欧州大戦視学世界大戦作戦記録画BIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)カステルヌーヴォ=テデスコ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone