クーパー靭帯(読み)クーパージンタイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クーパー靭帯
くーぱーじんたい

乳腺(せん)組織を支えてつなぎとめるために、乳房表面の皮膚から、また底面の大胸筋を包む胸筋筋膜から無数に伸びている結合組織。乳房の形を保つ役割をしている。乳房堤靭帯あるいは乳腺堤靭帯ともいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android