コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クープランの墓

デジタル大辞泉プラスの解説

クープランの墓

フランスの作曲家モーリス・ラヴェルのピアノ曲集(1914-17)。原題《Le tombeau de Couperin》。1919年に自身が編曲した管弦楽版もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

クープランのはか【クープランの墓】

《原題、〈フランス〉Le Tombeau de Couperinラベルのピアノ組曲。全6曲。1914年から1917年にかけて作曲。第一次大戦で亡くなった友人たちへの追悼の意を込めた作品。うち4曲が管弦楽版に編曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

クープランの墓の関連キーワードロン

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android