クープランの墓

デジタル大辞泉プラスの解説

クープランの墓

フランスの作曲家モーリス・ラヴェルのピアノ曲集(1914-17)。原題《Le tombeau de Couperin》。1919年に自身が編曲した管弦楽版もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

クープランのはか【クープランの墓】

《原題、〈フランスLe Tombeau de Couperinラベルのピアノ組曲。全6曲。1914年から1917年にかけて作曲。第一次大戦で亡くなった友人たちへの追悼を込めた作品。うち4曲が管弦楽版に編曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる