コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クープランの墓

1件 の用語解説(クープランの墓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

クープランの墓

フランスの作曲家モーリスラヴェルピアノ曲集(1914-17)。原題《Le tombeau de Couperin》。1919年に自身が編曲した管弦楽版もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クープランの墓の関連キーワード夜のガスパール高雅で感傷的なワルツスペイン狂詩曲スペインの時道化師の朝の歌亡き王女のためのパヴァーヌ左手のためのピアノ協奏曲マ・メール・ロワ水の戯れラ・ヴァルス

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クープランの墓の関連情報