追悼(読み)ついとう

精選版 日本国語大辞典「追悼」の解説

つい‐とう ‥タウ【追悼】

〘名〙 亡くなった人の生前をしのび、いたみ悲しむこと。
※百丈清規抄(1462)一「仏子で恵命続ならば諱日にせいではぞ」
※俳諧・芭蕉真蹟懐紙(天宥法印追悼)(1689)「追悼一句奉るべきよし」 〔文帝‐贈諡鄧哀矦詔〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「追悼」の解説

【追悼】ついとう(たう)

生前をしのび、その死をいたむ。〔三国志、魏、哀王沖伝注に引く魏書(こ)れ爾(なんぢ)斯(こ)の榮に(およ)ばず、且つ禮未だ備はらず。悼の懷(おも)ひ、愴然(さうぜん)として攸(もつ)て傷む。

字通「追」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android