コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーリー貿易 クーリーぼうえきcoolie

翻訳|coolie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーリー貿易
クーリーぼうえき
coolie

クーリー (苦力) をアメリカ大陸やオーストラリアなどに輸出して利を得る貿易。 19世紀後半,黒人奴隷の解放後盛んになった。中国ではマカオがクーリー貿易の拠点で,中国人の出稼ぎ希望者を勧誘,脅迫して契約書に署名させ,目的地へ出発させる「豬仔 (ちょし) 館」が多くあった。航海中の非衛生と虐待のため死亡率が 50%をこえたこともあり,目的地へ到着後も奴隷的労働に従事させられ,人道上の問題となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クーリー貿易の関連キーワードクーリー(苦力)華僑

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android