コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦力 クーリー

6件 の用語解説(苦力の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クーリー【苦力】

《〈中国語〉》もと中国やインドの下層労働者の呼称。19世紀後半、黒人奴隷に代わる労働力として売買された。クリー。

クリー【苦力】

クーリー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クーリー【苦力 kǔ lì】

旧中国において用いられた,中国人の未熟練労働者に対する呼称。語源については必ずしも明らかでないが,一般的にはタミル語の雇用という言葉を英語でcoolie,coolyと表示し,それを漢字で苦力とあてたとされる。中国人は外来語を,意訳でなく音で表示する場合に,音が相似していて意味内容が適切な漢字をあてる。苦力はその典型例で,苦しい力役に従事する労働者という意味を出している。もともとイギリス人インド人労働者をさしてクーリーと呼称したが,19世紀南アフリカに在住していたインド人一般をクーリーと軽蔑の意をこめて呼んだ例も知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クーリー【苦力】

〔中国語〕
肉体労働に従事した、下層の中国人・インド人労働者。一九世紀、アフリカ・インド・アジアの植民地で酷使された。クリー。

クリー【苦力】

〔中国語〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

苦力
くーりー

インドや旧中国の労働者、とくに荷担ぎ夫、鉱夫、車夫などをさす。タミル語で雇うということばを英語でcooly, coolieと表記し、それを中国で苦力と表記したといわれる。人間労働力として売買される点では奴隷と同じであった。アメリカではリンカーンにより1862年に奴隷が解放されたが、苦力は奴隷にかわる労働力として、清(しん)朝の禁令にもかかわらず、外国の商人や中国買弁の手で香港(ホンコン)、マカオを中心に、西インド諸島、南アフリカ、南北アメリカ、オーストラリアなどに大量に送られた。1872年(明治5)3月、日本政府の外務卿(きょう)副島種臣(そえじまたねおみ)が、横浜で中国の苦力多数を乗せたペルー船マリア・ルーズ号を拿捕(だほ)して苦力を解放した事件は、国際的に大きな波紋を投げかけた。苦力の売買は国際的には1874年マカオの苦力取引禁止令によって終わったが、中国では形を変えた苦力制度が長く温存され、日本も中国侵略中、鉱山、土建業、港湾においてこの制度を利用した。1949年10月の中華人民共和国成立以降、こうした制度は完全に廃止された。[山下龍三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の苦力の言及

【移民】より

… 1807年,イギリスで奴隷貿易廃止法が成立し,19世紀前半から半ばにかけて奴隷制度そのものもイギリス,フランス,アメリカ合衆国で廃止される。新世界のみならず,オーストラリアや南アフリカなど世界各地におけるヨーロッパ諸国の植民地で,黒人奴隷の解放によって不足した労働力を補ったのが,インドや中国などから雇い入れられたクーリー(苦力)であった(インドの移民については〈印僑〉の項を参照)。アメリカ合衆国でも19世紀後半,中国人移民が増加し,大陸横断鉄道の建設などに従事した。…

【印僑】より

…印僑の移住時期と移住地は世界の産業変動と密接に関連している。初期の移民は18世紀末にはじまるが,イギリス植民地の開拓に従事し,クーリーとよばれた。1830年代に砂糖生産が拡大すると,その労働力として西インド諸島,フィジー,マレー半島の各地に徴募された。…

※「苦力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

苦力の関連キーワードオストラコン部曲時文唐画中国人の日本観光中国の死刑中国人旅行客の増加パリアン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

苦力の関連情報