コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーロンの土圧公式 Coulomb's formula

法則の辞典の解説

クーロンの土圧公式【Coulomb's formula】

1773年にクーロン(C. A. de Coulomb)が発表した,擁壁体に働く粉体の圧力を求めるための公式.垂直に立てた断面が梯形の擁壁の面に作用する力を,擁壁面と粉体(土)の滑り面とに挟まれたくさび状の部分からの寄与として計算できる.そのために別名を「土楔の定理」ともいう.クーロンの法則(土圧工学)*,あるいはクーロンの土圧方程式*と記してあるテキスト類も少なくない.

擁壁体を倒そうとする限界土圧力 P と,くさび形の土の重量 G による下向きの力 W,滑り面の反力 R とが力の三角形をなして釣り合う.これをもとに,主動土圧力や受動土圧力を求めることができる.

土留め壁などの裏ごめ土が平面滑り面に沿って破壊するときの壁面土圧を「クーロン土圧」という.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

クーロンの土圧公式の関連キーワードクーロンの法則(土木工学)クーロンの土圧方程式クーロンの土圧論

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android