コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擁壁 ようへき retaining wall

翻訳|retaining wall

7件 の用語解説(擁壁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

擁壁
ようへき
retaining wall

土木工事で盛り土や,切土における斜面の土砂がくずれるのを防ぐために設ける土留め構造物。土の圧力,上に載る荷重,地震力,地盤の支持力,擁壁の自重などを条件とし,擁壁全体が転倒したり,滑り出したりしないように設計しなければならない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よう‐へき【擁壁】

土木工事で、土を切り取った崖や盛り土を保持するための壁状の築造物。かこい壁。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

擁壁【ようへき】

盛土(もりど)や切土(きりど)個所が土圧で崩壊するのを防ぐための壁状の構造物。無筋コンクリート,石材,煉瓦等で作られる重力式,鉄筋コンクリートで作られる半重力式,逆T式などがある。
→関連項目土止め

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

リフォーム用語集の解説

擁壁

法面や段差の崩壊を防止するために設置される構造物。自立式土留構造の土留の事。コンクリートで作られる事が多い。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ようへき【擁壁 retaining wall】

切取りや盛土をした法面(のりめん)(斜面のこと)が,自然のままでは土の圧力で崩壊するおそれのあるとき,土圧に抵抗して土の崩れるのを防ぐためにつくられる壁状の構造物。擁壁は石積(コンクリートブロック積)擁壁とコンクリート擁壁の2種に大別され,コンクリート擁壁はその構造により,さらに重力式擁壁,半重力式擁壁,片持梁式擁壁,控え壁擁壁,支え壁擁壁(控え壁擁壁と支え壁擁壁の二つを扶壁(ふへき)あるいはバットレスbuttressという),特殊擁壁などに分類される(図)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ようへき【擁壁】

崖や盛り土の側面が崩れ落ちるのを防ぐために築く壁。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

擁壁
ようへき
retaining wall

土圧に抵抗して土の崩壊を防止する土止め壁。壁の自重、底面の摩擦などによって安定を保つ抗土圧構造物で、壁の背面に作用する土圧およびその土の上に載る荷重、地震力、地盤の支持力などを条件として、構造部材の安全性と、擁壁全体の転倒や滑り出しに対する安定性を確保するよう設計されている。
 擁壁の種類は、構造によって、重力式擁壁、半重力式擁壁、片持ち梁(ばり)式擁壁、控え壁式擁壁、支え壁式擁壁、石積・ブロック積擁壁、特殊擁壁などに分けられる。重力式は、主として擁壁の自重により安定を保つ形式で、一般に無筋コンクリート造で高さが3~4メートル程度以下の小型の擁壁に用いられる。半重力式は、重力式と片持ち梁式の中間的な形式で、鉄筋コンクリート造であるが鉄筋量はきわめて少ない。片持ち梁式は、縦壁と底板からなる鉄筋コンクリート造で、通常3~7メートル程度の中型の擁壁に用いられる。控え壁式および支え壁式擁壁は、片持ち梁式擁壁に控え壁もしくは支え壁式を付したもので、一般に6~7メートル程度以上の擁壁に用いられることが多い。石積・ブロック積擁壁は、石またはブロックを積み重ねたもので、施工が容易であり古くから広く用いられている。
 以上のほか特殊な形式として、棚式擁壁、棚付控え壁式擁壁、箱形擁壁、矢板式擁壁、枠式擁壁、補強土工法による擁壁などがある。[河野 彰・清水 仁・鴫谷 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

擁壁の関連キーワード切り取り・切取り・斬り取り・斬取り切り取り線・切取り線段切り法面綿縮緬紋縮緬切取り線小段施工基面滑り面

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

擁壁の関連情報