コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擁壁 ようへきretaining wall

翻訳|retaining wall

7件 の用語解説(擁壁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

擁壁
ようへき
retaining wall

土木工事で盛り土や,切土における斜面の土砂がくずれるのを防ぐために設ける土留め構造物。土の圧力,上に載る荷重,地震力,地盤の支持力,擁壁の自重などを条件とし,擁壁全体が転倒したり,滑り出したりしないように設計しなければならない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐へき【擁壁】

土木工事で、土を切り取った崖や盛り土を保持するための壁状の築造物。かこい壁。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

擁壁【ようへき】

盛土(もりど)や切土(きりど)個所が土圧で崩壊するのを防ぐための壁状の構造物。無筋コンクリート,石材,煉瓦等で作られる重力式,鉄筋コンクリートで作られる半重力式,逆T式などがある。
→関連項目土止め

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

リフォーム用語集の解説

擁壁

法面や段差の崩壊を防止するために設置される構造物。自立式土留構造の土留の事。コンクリートで作られる事が多い。

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようへき【擁壁 retaining wall】

切取りや盛土をした法面(のりめん)(斜面のこと)が,自然のままでは土の圧力で崩壊するおそれのあるとき,土圧に抵抗して土の崩れるのを防ぐためにつくられる壁状の構造物。擁壁は石積(コンクリートブロック積)擁壁とコンクリート擁壁の2種に大別され,コンクリート擁壁はその構造により,さらに重力式擁壁,半重力式擁壁,片持梁式擁壁,控え壁擁壁,支え壁擁壁(控え壁擁壁と支え壁擁壁の二つを扶壁(ふへき)あるいはバットレスbuttressという),特殊擁壁などに分類される(図)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

擁壁
ようへき
retaining wall

土圧に抵抗して土の崩壊を防止する土止め壁。壁の自重、底面の摩擦などによって安定を保つ抗土圧構造物で、壁の背面に作用する土圧およびその土の上に載る荷重、地震力、地盤の支持力などを条件として、構造部材の安全性と、擁壁全体の転倒や滑り出しに対する安定性を確保するよう設計されている。
 擁壁の種類は、構造によって、重力式擁壁、半重力式擁壁、片持ち梁(ばり)式擁壁、控え壁式擁壁、支え壁式擁壁、石積・ブロック積擁壁、特殊擁壁などに分けられる。重力式は、主として擁壁の自重により安定を保つ形式で、一般に無筋コンクリート造で高さが3~4メートル程度以下の小型の擁壁に用いられる。半重力式は、重力式と片持ち梁式の中間的な形式で、鉄筋コンクリート造であるが鉄筋量はきわめて少ない。片持ち梁式は、縦壁と底板からなる鉄筋コンクリート造で、通常3~7メートル程度の中型の擁壁に用いられる。控え壁式および支え壁式擁壁は、片持ち梁式擁壁に控え壁もしくは支え壁式を付したもので、一般に6~7メートル程度以上の擁壁に用いられることが多い。石積・ブロック積擁壁は、石またはブロックを積み重ねたもので、施工が容易であり古くから広く用いられている。
 以上のほか特殊な形式として、棚式擁壁、棚付控え壁式擁壁、箱形擁壁、矢板式擁壁、枠式擁壁、補強土工法による擁壁などがある。[河野 彰・清水 仁・鴫谷 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

擁壁の関連情報