コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーンラート Heinrich Khunrath

世界大百科事典 第2版の解説

クーンラート【Heinrich Khunrath】

1560ころ‐1605
ライプチヒ生れのドイツの錬金術的神秘思想家。同時に医者としては,パラケルススの錬金術的医化学を信奉する一人。クーンラートの錬金術では,精神的側面が強調されている。1595年に書かれ,1609年にハノーファーで印刷された主著《久遠の知恵の大講堂》は,よく引用されるきわめて暗示的な図版によって知られている。【大槻 真一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のクーンラートの言及

【汎知学】より

…ラテン語,ドイツ語を直接写してパンソフィア,パンゾフィーともいう。H.クーンラート,ノリウスNollius,ドルンG.Dorn,V.ワイゲル,ジデロクラテスS.Siderocratesのような,主としてドイツのカッセルとフランクフルトを中心に活動した学者たちによって1600年前後に培われ,やがてチュービンゲンの知識人グループに波及してより福音主義的な色彩を帯びながら,J.V.アンドレーエの薔薇(ばら)十字文書に集中的表現を見いだした。なお本来,〈汎知学〉とは〈神智(知)学theosophia,Theosophie〉の対概念で,ギリシア語の〈すべてpan〉と〈知sophia〉とからなり,一般的用法では〈百科全書的知識〉を意味する。…

※「クーンラート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クーンラートの関連キーワード汎知学

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android