コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大講堂 ダイコウドウ

2件 の用語解説(大講堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だい‐こうどう【大講堂】


(‐カウダウ) 学校・会社などの講堂のうち、大きいもの。
(‐コウダウ) 寺院にある大きな講堂。
(‐コウダウ) 比叡山延暦寺の堂舎の一。東塔にあり、天長元年(824)創建。再三火災にあい、現存のものは昭和31年(1956)の火災後に移建。大日如来を本尊とし、弥勒菩薩(みろくぼさつ)文殊菩薩十一面観音桓武天皇像を安置する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいこうどう【大講堂】

大きな講堂。
大きな寺院の講堂。
比叡山延暦寺の殿堂の一。大日如来を本尊とし、諸仏・桓武天皇像などを安置する。824年座主義真の創建。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大講堂の関連情報