グスタフ・J. ラムステッド(英語表記)Gustaf John Ramstedt

20世紀西洋人名事典の解説

グスタフ・J. ラムステッド
Gustaf John Ramstedt


1873.10.22 - 1950.11.25
フィンランドの東洋語学者,アルタイ比較言語学者。
元・フィンランド代理公使。
1906〜17年ヘルシンキ大学講師、’41年まで員外教授を務めた他、フィンランド東洋学会やフィン・ウゴル学会も主宰。「ハルハ蒙古語の動詞活用」(’02年)、「蒙古文語、ウルガ方言音声比較」(’03年)で近代的モンゴル語研究を確立した他、「アルタイ言語学入門」全3巻(’52〜66年)ではアルタイ言語学の基礎を築く。その他の著書に、「カルムイク語辞典」(’35年)、「朝鮮語語源辞書」(’49年)がある。晩年は、フィンランド学士院会員に選ばれる。また、エスペラント語学者としても有名。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android