グラッブ(読み)ぐらっぶ(英語表記)John Bagot Glubb

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラッブ
ぐらっぶ
John Bagot Glubb
(1897―1981)

イギリスの軍人。陸軍士官学校を卒業。第一次世界大戦に従軍後、中東へ赴き、トランスヨルダンでアラブ軍団の育成にあたった。1939年にアラブ軍団の総司令官となり、第二次世界大戦中は親ナチス軍と戦った。1948年の第一次中東戦争では、彼の率いるアラブ軍団はアラブ側の最高の軍隊といわれたが、結局イスラエルに敗北を喫した。1956年フセイン国王によって解任された。グラッブ・パシャとよばれ、アラブ関係の著書も多い。[木畑洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android