コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスヨルダン トランスヨルダン Transjordan

4件 の用語解説(トランスヨルダンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トランスヨルダン(Transjordan)

ヨルダンの旧称。英国の委任統治下での呼称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

トランスヨルダン【Transjordan】

ヨルダン-ハシミテ王国の旧名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トランスヨルダン
トランスヨルダン

ヨルダン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トランスヨルダン
とらんすよるだん
Transjordan

パレスチナヨルダン川東岸地域をさす。歴史的には大シリアの一部で、旧約聖書時代のギリアデ、アンモン、モアブ、エドムの地域にあたる。古来アジアアフリカを結ぶ文明の十字路としての要所であり、フィラデルフィアアンマン)やゲラサジェラシュ)などのグレコローマン型の隊商都市が栄えた。636年イスラム軍に征服され、ダマスカスに都を置くウマイヤ朝の支配下に入る。8世紀にアッバース朝が興り都がバグダードに移されるとさびれた。12世紀には十字軍の戦場となり、16世紀にオスマン帝国の属州の一部となって遊牧民の住む荒野のまま忘れられていた。メッカの太守フセイン・イブン・アリーのアラブの反乱(1916)を契機として、1923年5月フセインの息子アブダッラーを王とするトランスヨルダン首長国がイギリスの保護下に成立、現在のヨルダンの礎(いしずえ)となった。地勢はほとんどが砂漠か半砂漠である。[塩尻和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トランスヨルダンの関連キーワードエスメラルダガルダ湖ヨルダンヨルダン川ボルダーマルダイシス・ヨルダンセラ(ヨルダン)トランス・ヨルダンヨルダン,J.

トランスヨルダンの関連情報