トランスヨルダン(読み)とらんすよるだん(英語表記)Transjordan

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旧パレスチナのヨルダン川東岸地域をさす。歴史的には大シリアの一部で、旧約聖書時代のギリアデ、アンモン、モアブ、エドムの地域にあたる。古来アジアとアフリカを結ぶ文明の十字路としての要所であり、フィラデルフィア(アンマン)やゲラサ(ジェラシュ)などのグレコ・ローマン型の隊商都市が栄えた。636年イスラム軍に征服され、ダマスカスに都を置くウマイヤ朝の支配下に入る。8世紀にアッバース朝が興り都がバグダードに移されるとさびれた。12世紀には十字軍の戦場となり、16世紀にオスマン帝国の属州の一部となって遊牧民の住む荒野のまま忘れられていた。メッカの太守フセイン・イブン・アリーのアラブの反乱(1916)を契機として、1923年5月フセインの息子アブダッラーを王とするトランスヨルダン首長国がイギリスの保護下に成立、現在のヨルダンの礎(いしずえ)となった。地勢はほとんどが砂漠か半砂漠である。

[塩尻和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Transjordan) ヨルダンがイギリスの委任統治領(一九二三‐四八年)であったころの呼称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android