グラティアヌス法令集(読み)グラティアヌスほうれいしゅう(英語表記)Decretum Gratiani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「グラティアヌス法令集」の解説

グラティアヌス法令集
グラティアヌスほうれいしゅう
Decretum Gratiani

カマルドル修道会士マギステル・グラティアヌスが 1139年から 50年頃にかけて編纂し,キリスト教会規律のほとんど全分野を網羅した,3800項目に及ぶ法令集『競合する教会法令の調和』 Concordia discordantium canonumの略称。諸大学でテキストとして用いられたばかりでなく,ローマ教皇庁内で権威書とみなされ,『教会法大全』の主要な部分をなし,1918年に施行された現行カトリック教会法典である『コーデックス・ユリス・カノニチ』の重要な資料となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android