コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教会法大全 きょうかいほうたいぜん Corpus Iuris Canonici

2件 の用語解説(教会法大全の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教会法大全
きょうかいほうたいぜん
Corpus Iuris Canonici

1582年,教皇グレゴリウス 13世の勅法によって,「グラチアヌス法令集」のほかに,グレゴリウス9世ボニファチウス8世クレメンス5世の各法令集を一体として編纂したカトリック教会の法令集。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教会法大全
きょうかいほうたいぜん
Corpus iuris canoniciラテン語

ローマ法大全』と対比される教会法の集大成。12世紀以降の『グラティアヌス教令集』『グレゴリウス9世教令集』、ボニファキウス8世により編纂(へんさん)公布された『第六書』『クレメンス5世教令集』からなる。15世紀初めに開かれたコンスタンツ、バーゼルの公会議で、これら4教令集を『教会法大全』とすることが公認された。その後1582年グレゴリウス13世により、さらに二つの私選の法典『エクストラバガンテス』が公選刊本発刊の際に加えられた。この『教会法大全』は、1918年の現行教会法典の施行まで、カトリック教徒を拘束するもっとも重要な法源であった。[佐藤篤士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教会法大全の関連キーワードグレゴリウスグレゴリウス暦グレゴリオグレゴリウス[7世]グレゴリウス[9世]グレゴリウス[10世]グレゴリウス[11世]グレゴリウス[12世]《グレゴリウス》グレゴリウス9世教皇令集

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone