グラバー商会(読み)ぐらばーしょうかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラバー商会
ぐらばーしょうかい

幕末・明治初期、長崎を拠点に活動した在日イギリス人商社。設立者グラバーThomas Blake Glover(1838―1911)は1859年(安政6)に来日、ジャーディン・マセソン商会の長崎代理店に勤務、61年(文久1)5月に自立してグラバー商会を設立、ジャーディン・マセソン商会の代理店業務と並行して、自己勘定による貿易取引を開始した。62年2月アーノルド商会を吸収、同社の支配人グルームを共同経営者に迎え、2、3のパートナーを加えて商会の組織を拡充。取引内容は、発足当初は日本茶の加工輸出であったが、64年以降は艦船・武器輸入の取引を中心に業務内容を拡大し、不動産や通貨・地金の取引、金融代理的業務に及び、上海(シャンハイ)・横浜に支店を置いた。とくに幕府や西南雄藩の艦船・武器購入をめぐる取引には主要な地位を占め、また薩摩(さつま)藩の貿易計画や同藩士のイギリス留学の資金調達には重要な役割を果たした。70年(明治3)8月、破産により解散。[加藤榮一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のグラバー商会の言及

【グラバー】より

…アバディーンのギムナジウムに在学した後,上海を経て,1859年(安政6)9月19日長崎に来日。61年5月にグラバー商会を設立し,ジャーディン・マセソン会社の代理店もかねた。設立当初はおもに日本茶を輸出したが,64,65年ころより薩摩,佐賀,土佐,熊本等西南雄藩をはじめ幕府諸藩への艦船武器類の販売を中心に発展し,上海にも支店をもつ長崎最大の貿易商となった。…

※「グラバー商会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラバー商会の関連情報