地金(読み)じがね

精選版 日本国語大辞典「地金」の解説

じ‐がね ヂ‥【地金】

〘名〙
① 貨幣、器物などの材料となる金属。
※報恩録(1474)上「さりとては鉄鋼刀だぞ、生得じかねが吉に依て、終に徳山の磨刀石に乗らぬぞ」
※浄瑠璃・唐船噺今国性爺(1722)上「名剣に鍛(うつ)べき程の地がねなくて」
鍍金(めっき)などをする土台の金属。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「錆込で地鉄(ヂガネ)へ廻ったから、つぶしにしかならねへ」
③ つつみかくしのないところ。ありのままの性質。本心。本性。性根。
※浄瑠璃・心中刃は氷の朔日(1709)上「恋はくせものみな人の、地がねをへらすやけくぎは、たたきなをいていけんして」
④ 演劇で、本気でものごとを行なうこと。実際の通りに行なうこと。
※滑稽本・客者評判記(1811)下「両方がじれの来た勢ひだから龍虎の怒り真剣勝負。狂言を地鉄(ヂガネ)でするゆゑ、見物のどよみは鯨波(ときのこゑ)をあげて二町四方へ響渡ったといふはなしだ」

じ‐きん ヂ‥【地金】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「地金」の解説

地金

金魚品種のひとつ。後ろから見るとX型に見える尾が特徴。愛知県の名古屋地方で古くから飼育されてきた品種で、「四尾の地金」として県の天然記念物に指定されている。名称は「地金魚」(その土地で飼育されてきた金魚の意)から。江戸時代初期に、和金の特別変異で尾が立ちあがったものを選別淘汰し固定化したものと伝わる。口先鰓蓋尾びれ背びれ腹びれ胸びれの6箇所に赤が入る独特の柄(六麟柄)で知られる。特に三河地方のものを地金、尾張地方のものを六鱗として区別することもある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「地金」の解説

じ‐がね〔ヂ‐〕【地金】

めっきの下地や、加工の材料となる金属。じきん。
生まれつきの性質。本性。主として悪い意味で使う。「地金が出る」

じ‐きん〔ヂ‐〕【地金】

じがね(地金)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の地金の言及

【製錬】より

…鉱石その他の原料から金属を採取,精製して地金(じがね)(金属材料の素材)を作ることをいう。地金以外に合金,純粋な化合物として採取することもある。…

※「地金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報