コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地金 ジガネ

4件 の用語解説(地金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じ‐がね〔ヂ‐〕【地金】

めっきの下地や、加工の材料となる金属。じきん。
生まれつきの性質。本性。主として悪い意味で使う。「地金が出る」

じ‐きん〔ヂ‐〕【地金】

じがね(地金)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じがね【地金】

〔「じきん」とも〕
細工物の材料にする金属。
めっきの土台の金属。
貨幣などの材料に溶かして使う金属材料。金・銀などをいう。
ふだんは表れない、生まれつきの性質。本性。 「 -と化の皮をあらはす風あり/当世書生気質 逍遥
[句項目]

じきん【地金】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の地金の言及

【製錬】より

…鉱石その他の原料から金属を採取,精製して地金(じがね)(金属材料の素材)を作ることをいう。地金以外に合金,純粋な化合物として採取することもある。…

※「地金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地金の関連情報