グラーフシャフト(英語表記)Grafschaft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラーフシャフト
Grafschaft

フランク王国の最も重要な行政・司法区。フランク国王の地方統治機構であるが,7世紀に早くも封建化が始っており,事情は地方ごとに異なっていた。概してローマ的伝統の強い南部では,北部や西部よりもグラーフシャフトが確立していた。グラーフシャフトの長グラーフ Graf (ラテン語 comes。伯と訳す) は元来は国王によって任命されたが,やがて世襲化して国王の直接的監督から離脱し,地方の豪族,領主となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のグラーフシャフトの言及

【グラーフ】より

…ラテン語ではコメスcomes。その管轄領域がグラーフシャフトGrafschaft(コミタートゥスcomitatus)である。ふつう伯と訳される。…

※「グラーフシャフト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android