コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリコーゲンシンターゼ glycogen synthase

1件 の用語解説(グリコーゲンシンターゼの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グリコーゲンシンターゼ【glycogen synthase】

肝臓や筋肉におけるグリコーゲンの合成に関与する酵素であり,ウリジン二リン酸グルコース+(グルコース)n―→ウリジン二リン酸+(グルコース)n+1の反応を触媒し,α‐1,4‐グリコシド結合によってつながったグルコースの直線状重合体を形成する。グリコーゲンに特有の枝分れ構造の形成にはこれとは別種の分枝酵素が関与している。ふつう,細胞中ではグリコーゲン顆粒(かりゆう)に結合して存在する。この酵素の活性の調節には,酵素タンパク質リン酸化,グルコース‐6‐リン酸,グリコーゲンなどの諸要素が複雑にからみ合っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グリコーゲンシンターゼの関連キーワードグリコーゲングリコーゲン・ローディンググリコーゲンローディングウリジン5'二リン酸グルコース肝グリコーゲン合成酵素欠損肝グリコーゲン合成酵素欠損症グリコーゲン合成グリコーゲン合成酵素グリコーゲンシンターゼキナーゼグリコーゲン分解

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone