コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリコーゲンシンターゼ glycogen synthase

世界大百科事典 第2版の解説

グリコーゲンシンターゼ【glycogen synthase】

肝臓や筋肉におけるグリコーゲンの合成に関与する酵素であり,ウリジン二リン酸グルコース+(グルコース)n―→ウリジン二リン酸+(グルコース)n+1の反応を触媒し,α‐1,4‐グリコシド結合によってつながったグルコースの直線状重合体を形成する。グリコーゲンに特有の枝分れ構造の形成にはこれとは別種の分枝酵素が関与している。ふつう,細胞中ではグリコーゲン顆粒(かりゆう)に結合して存在する。この酵素の活性の調節には,酵素タンパク質のリン酸化,グルコース‐6‐リン酸,グリコーゲンなどの諸要素が複雑にからみ合っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グリコーゲンシンターゼの関連キーワードグリコーゲンシンターゼキナーゼフォスフォリラーゼ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android