コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリュプトテーク Glyptothek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリュプトテーク
Glyptothek

ドイツ,ミュンヘンにある古代ギリシア・ローマ彫刻展示館。館名はギリシア語で彫刻館を意味する。バイエルン皇太子ルートウィヒ(のちのルートウィヒ1世)の命により,1816年建築家レオ・フォン・クレンツェによって着工され,1830年に開館。建物はネオクラシック様式(→新古典主義建築)。最も重要な所蔵品はエイナ島アファイア神殿の破風彫刻(1813購入。西破風は前510~前505頃,東破風は前490~前485頃建造)。ほかに『テネアのアポロン』(→アポロン。前550頃)など,古代ギリシアのオリジナル彫刻や,古代ローマの模刻を所蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のグリュプトテークの言及

【美術館】より

…なかでもバチカン美術館の中のピナコテカやミュンヘンのアルテ・ピナコテークはよく知られている。他方,彫刻を中心に収集,展示している場合(彫刻館)は,とくにドイツでグリュプトテークGlyptothekと呼ばれることがある。また元来は歩廊,通路,バルコニーなどを指すギャラリーは,ロンドンやワシントンのナショナル・ギャラリーに見られるように,絵画館に近い意味で使われることが多いが,ウフィツィ美術館Galleria degli Uffiziなどの例のように,より広い意味で使われることも少なくない。…

※「グリュプトテーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グリュプトテークの関連キーワードギリシア・リバイバル様式アポロン[テネア]シュワンターラーケフィソドトスエクセキアスコルネリウスクーロス美術館

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android