コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリーンフィールドパピルス Greenfield Papyrus

デジタル大辞泉の解説

グリーンフィールド‐パピルス(Greenfield Papyrus)

古代エジプト中王国時代、紀元前950年から前930年頃に作られた死者の書パピルス。当時の女性神官ネシタネベトイシェルウのためのものであり、現存する世界最長(37メートル)の死者の書として知られる。大英博物館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

グリーンフィールドパピルスの関連キーワード高温ガス炉煕子女王オルドニョ3世曹長石ベレンガーリョ2世原子力製鉄正倉院ハラール(青歯王)陸上自衛隊一次産品価格の高騰