コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリーンフィールドパピルス(英語表記)Greenfield Papyrus

デジタル大辞泉の解説

グリーンフィールド‐パピルス(Greenfield Papyrus)

古代エジプト第三中間期、紀元前950年から前930年頃に作られた死者の書パピルス。当時の女性神官ネシタネベトイシェルウのためのものであり、現存する世界最長(37メートル)の死者の書として知られる。大英博物館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android