コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力製鉄 げんしりょくせいてつ

3件 の用語解説(原子力製鉄の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

原子力製鉄【げんしりょくせいてつ】

製鉄への原子力利用は,一つは原子力発電で電力コストが低下した場合,電気炉製銑などに利用することである。しかし画期的な製鉄法として期待され研究されているのは,原子炉冷却ガスの熱を鉄鉱石還元に直接利用する方法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんしりょくせいてつ【原子力製鉄】

鉄鉱石から鉄を取り出す際に必要な還元材として,従来,石炭から作られたコークスが用いられているが,日本ではこのための石炭を全面的に輸入しており,将来その入手が困難になった場合,あるいは価格が高騰した場合に備えて,これに代わる手段を開発しておくことが望まれている。原子力製鉄高温ガス炉で得られる高温の熱を利用して,重質油あるいは低品位の石炭等を水素と一酸化炭素の混合物である還元性のガスに分解し,これを還元材としてシャフト炉で製鉄を行おうとするものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原子力製鉄
げんしりょくせいてつ

原子炉から得られる熱(核熱)を利用した高温の還元ガスで鉄鉱石を直接還元する製鉄方式。1965年旧西ドイツアーヘン工科大学のシェンクHermann Schenck(1990―1991)の提唱に始まる。日本鉄鋼協会は1968年(昭和43)から原子力部会を設けて調査研究を行い、これを受けて当時の通産省は、1973年から1980年にかけて、原子力製鉄の基礎的な要素技術に関する研究開発を、ナショナルプロジェクトとして進めた。
 原子力エネルギーの製鉄プロセスへの導入形態を一般的に示せば、のようになる。しかし電気製鉄は電力単価が格段に低廉でなければ高炉法に対抗できず、また還元ガスを高炉へ吹き込む方式も得策でなく、結局、中太線で示した方式が原子力製鉄プロセスとして研究開発の対象となっている。
 製鉄用プロセスヒートとしては、できうる限り高温であることが望ましいので、原子力製鉄用原子炉としては1000℃以上の熱を取り出せる高温ガス炉を開発しなければならない。このため日本原子力研究所(現、日本原子力研究開発機構)で被覆粒子燃料を用い、ヘリウムガス冷却方式で950℃の熱を取り出せる高温ガス炉の開発が進められ、2004年(平成16)4月に世界で初めて原子炉出口冷却材温度950℃を達成した。2010年3月には、50日間の高温連続運転に成功している。還元ガス製造には、ヨーロッパ諸国では天然ガスの水蒸気改質法が、日本では原油の減圧蒸留残渣(ざんさ)油の水蒸気分解‐水蒸気改質をシャフト炉で行う方式が検討された。
 高温ガス炉からの核熱を利用する場合、安全上からも熱交換器を置くことが望ましいが、その製作には特殊な耐熱合金の開発と構造設計面でのくふうが必要で、高温の核熱利用のための重要技術開発課題となっている。[中島篤之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone