コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレチコ グレチコ Grechko, Andrei Antonovich

2件 の用語解説(グレチコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレチコ
グレチコ
Grechko, Andrei Antonovich

[生]1903.10.17. ウクライナロストフ
[没]1976.4.26. モスクワ
ソ連の軍人。 1919年赤軍に入り,28年共産党入党。 36年フルンゼ陸軍大学,41年参謀本部大学を卒業。第2次世界大戦中はウクライナ方面軍司令官,44年陸軍大将となった。戦後は,キエフ軍管区司令官を経て 53~57年東ドイツ駐留ソ連軍総司令官,55年ソ連邦元帥,57年ソ連第一国防次官兼ソ連地上軍総司令官,60年ワルシャワ条約統一軍総司令官などの要職を歴任した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレチコ
ぐれちこ
Андрей Антонович Гречко Andrey Antonovich Grechko
(1903―1976)

ソ連の軍人。現在のロストフ州生まれ。ウクライナ人。1919年からソ連軍に勤務。1928年入党。フルンゼ陸軍大学校参謀本部大学校を卒業し、第二次世界大戦中は軍指揮官として活躍。戦後、駐独ソ連軍総司令官、ワルシャワ条約軍総司令官などを歴任。1955年ソ連邦元帥。1967年4月国防相。1973年4月、ジューコフ元国防相に次いで職業軍人として2人目の党政治局員となる。1976年4月国防相在職中急死。死後、モスクワの目抜き通りに同元帥の名がつけられた。[中西 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレチコの関連キーワードウクライナ人ウクライナ文学ウクライナ岩右岸ウクライナウクライナ・パルチザンウクライナ・ヘルシンキ・グループ左岸ウクライナ自由なウクライナスロビツカ・ウクライナUPA(ウクライナ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone