コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職業軍人 しょくぎょうぐんじんcareer soldier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職業軍人
しょくぎょうぐんじん
career soldier

軍人を職業とするもの。歴史的起源は明らかでないが,14世紀にイタリアに出現した傭兵隊 condottiereを最初の職業軍人とする説もある。実際に現代的職業軍人は各国によって発生の過程と年代が違っている。中世にあっては,軍人はむしろ階級であり,職業としては,近代,特に 18世紀以後に出現したものが多い。一般に軍事専門学校などで教育を受け,一定年齢で退役するまで軍務につくものをさし,徴兵によって一時期だけ軍務につくものと区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょくぎょう‐ぐんじん〔シヨクゲフ‐〕【職業軍人】

徴兵された軍人に対して、職業として軍務に服している人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょくぎょうぐんじん【職業軍人 professional soldier】

軍隊における勤務を本職とする軍人をいう。その意味では古代エジプト,ギリシア時代から存在し,中世後期の君主制時代に最も盛んであった傭兵も一種の職業軍人といえる。しかし,今日いわゆる職業軍人とは,近代以降に現れた軍事専門職についている者を指す。すなわち,フランス革命後君主制の軍隊から義務兵役制による国民軍隊に変わり,また産業革命による技術の発展がもたらした兵器や技術の急速な高度化にともない,軍隊は専門技術的な集団となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょくぎょうぐんじん【職業軍人】

(応召などによる軍人に対して)職業として軍務に就いている人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

職業軍人の関連キーワードテーラー(Zachary Taylor)ムスタファ ケマル・アタチュルクジョン・M. ポインデクスターエドモンド デ・アミーチス撫順戦犯管理所の日本人戦犯C.M.S. ロンドンチャールズ ダーニングポール ヒンデンブルクシビリアンコントロールアンドレイ グレチコルドビーク スボボダアイザック ホワイトジェマル ギュルセルケマル・アタチュルクアズィズ・ネスィンネスィン アズィズファン・デン・ボスM. バツラビクヒンデンブルクストロエスネル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

職業軍人の関連情報