コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレース商会 グレースしょうかい Casa Grace

1件 の用語解説(グレース商会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グレースしょうかい【グレース商会 Casa Grace】

ペルーを活動拠点とする米国系コングロマリット(複合企業)。1850年アイルランドから移民としてペルーに渡ったグレースW.R.Grace(1832‐1904)が1876年に創業。グアノ関連の商業によって巨富を得たグレースは1865年にニューヨークへ渡り,69年に米国~南アメリカ間の汽船航路を開いて対ペルー貿易・運輸を独占した。82年の糖業投資は,ペルーにおける最初の米国直接投資である。20世紀に入り,金融・航空・繊維・化学・食品加工業に進出するなど活動を多様化し,ペルー経済を牛耳った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グレース商会の関連キーワード金融コングロマリットコングロマリットマルボルクアングロサクソンゴスペルソングコングロマーチャントマリアルーズ号事件改良普及員コングロマリット型M&A

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone