コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレース商会 グレースしょうかいCasa Grace

世界大百科事典 第2版の解説

グレースしょうかい【グレース商会 Casa Grace】

ペルーを活動拠点とする米国系コングロマリット(複合企業)。1850年アイルランドから移民としてペルーに渡ったグレースW.R.Grace(1832‐1904)が1876年に創業。グアノ関連の商業によって巨富を得たグレースは1865年にニューヨークへ渡り,69年に米国~南アメリカ間の汽船航路を開いて対ペルー貿易・運輸を独占した。82年の糖業投資は,ペルーにおける最初の米国直接投資である。20世紀に入り,金融・航空・繊維・化学・食品加工業に進出するなど活動を多様化し,ペルー経済を牛耳った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android