コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロッシュの法則 ぐろっしゅのほうそく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

グロッシュの法則

コンピューター性能は、価格の2乗に比例する」という考え方。近年では、コンピューターの著しい価格の下落によってこの法則が当てはまらなくなってきた。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

法則の辞典の解説

グロッシュの法則【Grosch's law】

計算機の性能と価格の関係を示す経験則.第二世代計算機の開発者であったグロッシュ(H. Grosch)によって1953年頃提案された.「計算機の性能は価格の二乗に比例する」というものである.

CPUの価格がほぼ性能に比例するようになるとこの法則は成立しなくなってきたが,入出力機器の寄与の大きい分野ではまだこの法則は生きている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グロッシュのほうそく【グロッシュの法則 Grosch’s rule】

1950年代にアメリカのグロッシュH.R.J.Groschが,コンピューターの性能と価格の関係について唱えた経験則。コンピューターの性能は価格の2乗に比例する,あるいはコンピューターの速度を倍にしても価格は倍(約1.4倍)にしかならないことをいう。これは,つまり,コンピューターは大きくて性能のいいもの(速いもの)を買ったほうが得だということをいっているわけであるが,近代のコンピューターは複雑になっていて,性能が単に速度だけでは表せないこともあって,この法則は必ずしも適用できない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android