ケイ(珪)長質岩(読み)けいちょうしつがん

百科事典マイペディア「ケイ(珪)長質岩」の解説

ケイ(珪)長質岩【けいちょうしつがん】

無色鉱物(石英,長石など)を多く含み,色指数が20以下と低く,白っぽい色をした火成岩。花コウ岩,花コウセン緑岩,流紋岩,デイサイトなど。酸性岩とほぼ同義。
→関連項目中性岩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のケイ(珪)長質岩の言及

【フェルシック岩】より

…火成岩を化学組成に基づき分類したときSi,Al,Na,Kなどに富む岩石,およびそれらが変成した変成岩。ケイ長質岩ともいう。ケイ長質という語のかわりに酸性という語が用いられることもある。…

※「ケイ(珪)長質岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android