コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無色鉱物 ムショクコウブツ

3件 の用語解説(無色鉱物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むしょく‐こうぶつ〔‐クワウブツ〕【無色鉱物】

鉄やマグネシウムを含まず、無色か白色をしている造岩鉱物石英長石など。珪長(けいちょう)質鉱物。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

無色鉱物

有色鉱物(color mineral)に対する語.一般に石英,長石類,準長石類など無色ないし白色のものを指すが,これらの鉱物中にも濃い色をもつ場合がある.また白雲母(muscovite)や燐灰石(apatite)のように無色に近いものの扱いには検討を要する.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

むしょくこうぶつ【無色鉱物】

火成岩を構成する主な鉱物のうち、石英や長石類など、ケイ素やアルミニウムを多く含み、透明・白またはそれに近い色のケイ酸塩鉱物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone