コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無色鉱物 ムショクコウブツ

3件 の用語解説(無色鉱物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むしょく‐こうぶつ〔‐クワウブツ〕【無色鉱物】

鉄やマグネシウムを含まず、無色か白色をしている造岩鉱物石英長石など。珪長(けいちょう)質鉱物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

無色鉱物

有色鉱物(color mineral)に対する語.一般に石英,長石類,準長石類など無色ないし白色のものを指すが,これらの鉱物中にも濃い色をもつ場合がある.また白雲母(muscovite)や燐灰石(apatite)のように無色に近いものの扱いには検討を要する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むしょくこうぶつ【無色鉱物】

火成岩を構成する主な鉱物のうち、石英や長石類など、ケイ素やアルミニウムを多く含み、透明・白またはそれに近い色のケイ酸塩鉱物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無色鉱物の関連キーワード有色有色鉱物鉱物組成アメランメソリティックハイウッド岩アプロ閃緑岩苦鉄質岩超苦鉄質岩斑レイ岩(斑糲岩)