コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸性岩 さんせいがん acidic rock

6件 の用語解説(酸性岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸性岩
さんせいがん
acidic rock

化学組成からみて,重量百分率で二酸化ケイ素を 66%以上含む火成岩の総称。二酸化ケイ素の含量のみを尺度とした分類法で中性岩塩基性岩超塩基性岩と同系列の用語。水素イオン濃度とは無関係

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんせい‐がん【酸性岩】

火成岩で、化学成分の二酸化珪素(けいそ)の含有量が66パーセント以上あるもの。有色鉱物が少ないので白っぽい花崗岩(かこうがん)流紋岩など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

酸性岩【さんせいがん】

ケイ(珪)長質岩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんせいがん【酸性岩 acidic rock】

火成岩を化学組成によって分類したときSiO2を66(重量)%以上含む岩石。ほとんどのものはSiO2が80%以下である。一般に火成岩に対して用いられる語であるが,それらが変成してできた変成岩に用いられることもある。酸性岩に対し,SiO2が45~52%のものを塩基性岩というが,酸性,塩基性という語は化学で用いられる意味と誤解される可能性もあるので,酸性のかわりにフェルシック(Si,Alなどに富む)という語を用いるほうが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんせいがん【酸性岩】

二酸化ケイ素に富む(六六重量パーセント以上)火成岩。流紋岩・石英斑岩・花崗かこう岩など。 ↔ 塩基性岩

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸性岩
さんせいがん
acidic rock

化学組成においてシリカSiO2がほぼ70%に達する火成岩。火山岩では流紋岩、深成岩では花崗(かこう)岩ないし花崗閃緑(せんりょく)岩がこれに含まれる。酸性岩ではシリカのほかに、アルミナAl2O3やアルカリ(Na2OとK2O)の含有量も高いが、鉄(FeOやFe2O3)やマグネシアMgOは少ない。そこで、酸性岩のことを珪長質(けいちょうしつ)岩felsic rock, salic rockということもある。完晶質のときには、石英や長石などの無色鉱物の量が多くなるので、全体に明るく、優白色になる。もっとも、火山岩でガラス質のものでは、黒曜石のように、かならずしも白くなく、暗灰色や黒色を呈することもある。なお、岩石についていう酸性は、化学用語の酸性とは意味が違うので注意が必要である。[橋本光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸性岩の関連キーワード塩基性岩中性岩火成岩起源アミアタ岩ボルセナイト花崗岩質安山岩CIPW分類法(岩石)シャンドの分類ニグリの分類フェルシック岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone