ケイマンゴルフ(英語表記)Cayman golf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ケイマンゴルフ」の解説

ケイマンゴルフ
Cayman golf

カリブ海グランドケイマン (グランドケーマン) 島発祥のゴルフ。ケイマンゴルフで使用するボールは,サイズこそ普通のゴルフボールと同じだが,ディンプルを逆に突出させ,内核には衝撃を吸収するように発泡樹脂を使い,重量も半分以下で,飛距離も半分しか出ない。コースも短く,全体の敷地も通常のゴルフコースの4分の1ほどで,男女の飛距離にあまり差がつかず,家族で気軽に楽しめるよう発案された。グランドケイマン島のコースは J.ニクラウスが設計した。日本には 1990年にオープンした新潟の「笹神ケイマンゴルフパーク」をはじめ数ヵ所のコースがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ケイマンゴルフ」の解説

ケイマン‐ゴルフ(cayman golf)

ルールは普通のゴルフと同じだが、ボールの飛距離が半分程度なので狭い用地でもプレーできるゴルフ。1986年、グランドケイマン島で初めて行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android