ケイ光ランプ(読み)けいこうランプ(英語表記)fluorescent lamp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ光ランプ
けいこうランプ
fluorescent lamp

低圧水銀蒸気放電ランプ一種。通常,ケイ光灯と呼ばれているが,ケイ光ランプを照明器具に取付けたものがケイ光灯である。低圧水銀蒸気の放電は 253.7nmの紫外線を多量に発生するので,これを放電管内壁に塗ったケイ光物質に当てて可視光線に変換する。ケイ光物質としては発光する色により種々の物質が使われるが,最も一般的な白色ランプにはハロリン (リン) 酸カルシウムが使われる。管内の水銀蒸気圧は紫外線の放射効率が最大になるよう,6×10-3mmHg 程度に定められ,また点灯を容易にするために数 mmHgの希ガス (主としてアルゴン) が入されている。周囲温度が 20~25℃のとき効率が最もよい。これより温度が低くてもまた高くても効率は悪くなる。一般に効率が高いものは色の見え方が悪いという欠点があるが,赤,緑,青の発光を示す3種類のケイ光物質を混合して用いた,効率・色の見え方ともによいケイ光ランプも開発されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android