コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ藻軟泥 けいそうなんでい diatom ooze

1件 の用語解説(ケイ藻軟泥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ藻軟泥
けいそうなんでい
diatom ooze

深海堆積物である軟泥の一種で,非晶質ケイ酸から成るケイ藻の遺骸を主とし,これに放散虫,海綿骨片などのケイ質の殻を少量含む。石灰質物質に乏しく,また水圧で炭酸カルシウムが溶解するような深海底に多く堆積している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のケイ藻軟泥の言及

【ケイ質軟泥(珪質軟泥)】より

…これらの生物の中で海底堆積物中に最も多量に含まれ,地理的に広く分布するのはケイ藻と放散虫である。それぞれの殻の重量が堆積物の重量の30%以上を占める場合,それぞれケイ藻軟泥,放散虫軟泥と呼び,両者を一括してケイ質軟泥と呼ぶ。これらの生物が堆積物中に含まれる割合はこれらの生物が表層海水中に生産される割合,その死殻が海底に沈降するまでに溶解する割合と陸源堆積物の堆積速度によってきまる。…

※「ケイ藻軟泥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケイ藻軟泥の関連キーワードグロビゲリナ軟泥深海堆積物石灰質軟泥軟泥珪藻軟泥コニアペライト漸深海堆積物半深海堆積物リムノコーツァイトケイ質軟泥(珪質軟泥)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone