コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ長岩 けいちょうがんfelsite

翻訳|felsite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ長岩
けいちょうがん
felsite

岩石全体あるいは石基の部分が潜晶質の石英,カリ長石の集りから成り,斑晶のほとんどない酸性の火成岩。石英の斑晶がある場合には石英斑岩という。元来は,肉眼で構成鉱物の識別困難な淡色の火山岩に対して用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケイ長岩の関連キーワード明延鉱山柵原鉱山

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android