コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケト原性 ケトげんせいketogenicity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケト原性
ケトげんせい
ketogenicity

体内の代謝反応でケトン体を生じる素材となる物質を,ケト原性であるという。ケトン体とはアセトンとアセト酢酸とβ-オキシ酪酸の総称で,ケト原性の物質は脂肪酸と,アミノ酸のうちロイシン,イソロイシンフェニルアラニンチロシントリプトファン,リジンである。ケトン体は,脂肪酸が酸化経路を進行するに伴って,ケトン体のうちのアセト酢酸を生じ,他の2者はこれらの変化によって生じる。上記のアミノ酸は脂肪酸代謝経路に流入することによって,ケトン体を生成する。正常時にはケトン体の血中濃度は低く,尿中排出量もごくわずかであるが,糖利用が少いときにケトン体が体内で増すので,糖尿病の際などに,尿中量が急増する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケト原性の関連キーワードケトン原性アミノ酸ケト原性アミノ酸ケトン原性食事糖性アミノ酸ケトン原性ケトン食

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android