ケプラー22b(読み)ケプラーニジュウニビー(英語表記)Kepler-22b

デジタル大辞泉「ケプラー22b」の解説

ケプラー‐にじゅうにビー〔‐ニジフニ‐〕(Kepler-22b)

NASA(米国航空宇宙局)の系外惑星探査のためのケプラー宇宙望遠鏡が2011年に発見した惑星。地球から約620光年離れた場所にある、太陽に似た恒星ケプラー22ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)を290日で公転している。半径は地球の約2.4倍。地球に似た惑星と考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android