コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケベック分離独立運動 ケベックぶんりどくりつうんどう

1件 の用語解説(ケベック分離独立運動の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ケベック分離独立運動【ケベックぶんりどくりつうんどう】

カナダの唯一のフランス語圏であるケベック州が他の英語圏から分離独立を目指そうとする運動。カナダでは長い間英語系住民とフランス語系住民の対立が続いてきたが,特にフランス語系住民が80%を占めるケベック州では,分離独立を求める動きが絶えず,1963年に登場したケベック解放戦線FLQ)は〈自由ケベック独立〉を掲げ,連邦施設の爆破,要人誘拐などの直接行動に走り,1970年非合法化された。
→関連項目トルドーモントリオール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone