ケモチダニ(読み)けもちだに(英語表記)myobiid mite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケモチダニ
けもちだに / 毛持
myobiid mite

節足動物門クモ形綱ダニ目ケモチダニ科の総称。有袋類、食虫類、翼手類、齧歯(げっし)類に終生寄生して組織液を吸う。体長0.5ミリメートル内外で、体は白色で背腹に扁平(へんぺい)。第1脚だけが著しく肥厚短縮し、平行して前方を向き、そこに備わった特殊な把毛器を使って毛をつかむ。ケモチダニ類は、属ごとに特異な宿主関係を示し、あるものは宿主の種と1対1に対応し、ほかのものは宿主の数種の近縁種に共有されている。したがって、これらのダニ類は、宿主間の類縁関係を示す指標生物として利用される。終生寄生性のダニであるため、人体への移行はないが、実験用マウスでは、多数の寄生によって皮膚炎がおこることがわかっている。[内川公人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android