ケラレ(読み)けられ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

レンズフードやフィルタなどが写真の周囲に写りこんで被写体が欠けたり、周囲が暗くなる現象。また、長いレンズを使った場合、内蔵のストロボ光がレンズに遮られ、被写体の一部が暗くなる場合なども、ケラレと呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

 ケラレは、いろいろな意味で使われる。いちばん多いのは、内蔵ストロボなどを広角レンズといっしょに使った場合に、近距離ではレンズの鏡胴にストロボ光がジャマをされて、周辺が暗くなってしまうことをケラレと言う。花形フードを間違った方向に取り付け、そのフードが画面内に写り込んでしまうこともケラレと言うし、焦点距離に合わないレンズフードを装着してしまった場合にも、フードが画面内に写り込んでしまうので、これもケラレである。また、一眼レフで、超望遠レンズを使った場合に、ミラーの長さが足りずに暗い部分ができてしまうこともケラレである。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android