ケリー ジョーンズ(英語表記)Kelly Jones

現代外国人名録2016「ケリー ジョーンズ」の解説

ケリー ジョーンズ
Kelly Jones

職業・肩書
ミュージシャン

国籍
英国

生年月日
1974年6月3日

グループ名
グループ名=ステレオフォニックス〈Stereophonics〉

経歴
1981年幼馴染のリチャード・ジョーンズ(ベース)、スチュアート・ケーブル(ドラムス)とバンドを組み、’92年トラジック・ラブ・カンパニーのバンド名で本格的に活動を開始。ギターとボーカルを担当。のちバンド名をステレオフォニックスに改め、’96年ヴァージン・レコードの創業者リチャード・ブランソンが設立したV2レコードと契約を交わし、’97年アルバム「ワード・ゲッツ・アラウンド」でデビュー。’99年発表のセカンドアルバム「パフォーマンス・アンド・カクテルズ」は全英1位のヒットとなり、全世界で250万枚を売り上げた。2001年フジ・ロック・フェスティバル出演のため来日。2003年たびたびツアーを休むなど問題があったドラマーのスチュアートが脱退。2005年アルゼンチン出身のハヴィエ・ウェイラーをドラマーに迎え、再びバンドとしての陣容を整えた。同年単独で来日公演を行う。2008年にツアーメンバーのアダム・ジンダーニ(ギター)が加入して4人組となり、2012年ウェイラーが脱退してドラマーがジェイミー・モリソンに交代。他のアルバムに「ジャスト・イナフ・エデュケーション・トゥ・パフォーム」(2002年)、「ユー・ガッタ・ゴー・ゼア・トゥ・カム・バック」(2003年)、「ランゲージ・セックス・ヴァイオレンス・アザー?」(2005年)、「プル・ザ・ピン」(2007年)、「キープ・カーム・アンド・キャリー・オン」(2009年)、「グラフィティ・オン・ザ・トレイン」(2013年)、「キープ・ザ・ヴィレッジ・アライヴ」(2015年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android