ケルスートセン石(ケルスート閃石)(読み)ケルスートせんせき(英語表記)kaersutite

世界大百科事典 第2版の解説

ケルスートせんせき【ケルスートセン石(ケルスート閃石) kaersutite】

ケルスート角セン石ともいう。カルシウム角セン石の一つで,化学組成はCa2(Na,K)(Mg,Fe2+,Fe3+)4TiAl2Si6O22(OH)2で表される鉱物。玄武ホルンブレンドとよく似た化学組成をもつ。カルシウム角セン石の中で特徴的にTiを多く含んでいる。ふつうはTiO2が5~10重量%のものが多い。NaとK,MgとFe2+とFe3+はさまざまな比で混ざりあう。Mg/(Mg+Fe2+)が0~0.49のものを鉄ケルスートセン石ferrokaersutiteと呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android