コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルスートセン石(ケルスート閃石) ケルスートせんせきkaersutite

世界大百科事典 第2版の解説

ケルスートせんせき【ケルスートセン石(ケルスート閃石) kaersutite】

ケルスート角セン石ともいう。カルシウム角セン石の一つで,化学組成はCa2(Na,K)(Mg,Fe2+,Fe3+)4TiAl2Si6O22(OH)2で表される鉱物。玄武ホルンブレンドとよく似た化学組成をもつ。カルシウム角セン石の中で特徴的にTiを多く含んでいる。ふつうはTiO2が5~10重量%のものが多い。NaとK,MgとFe2+とFe3+はさまざまな比で混ざりあう。Mg/(Mg+Fe2+)が0~0.49のものを鉄ケルスートセン石ferrokaersutiteと呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android