コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルスートセン石(ケルスート閃石) ケルスートせんせきkaersutite

世界大百科事典 第2版の解説

ケルスートせんせき【ケルスートセン石(ケルスート閃石) kaersutite】

ケルスート角セン石ともいう。カルシウム角セン石の一つで,化学組成はCa2(Na,K)(Mg,Fe2+,Fe3+)4TiAl2Si6O22(OH)2で表される鉱物。玄武ホルンブレンドとよく似た化学組成をもつ。カルシウム角セン石の中で特徴的にTiを多く含んでいる。ふつうはTiO2が5~10重量%のものが多い。NaとK,MgとFe2+とFe3+はさまざまな比で混ざりあう。Mg/(Mg+Fe2+)が0~0.49のものを鉄ケルスートセン石ferrokaersutiteと呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android