コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルソネソス・トラキニア ケルソネソス・トラキニアChersonēsos Trachinia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルソネソス・トラキニア
Chersonēsos Trachinia

ヨーロッパアジアの接点,ダーダネルス海峡ヘレスポントス)に面するヨーロッパ側の半島の古名。今日ではゲリボル半島呼ばれる。前7世紀にギリシアアイオリス人(→アイオリス)やイオニア人が植民。黒海沿岸からの穀物貿易の航路上にあるため,アテネが再三争奪戦を演じた。ペロポネソス戦争後,一時スパルタ領となり,前353年頃再びアテネの植民地となったが,前338年マケドニア王国に奪われ,前188年セレウコス朝シリアからペルガモン王国に与えられ,前133年ローマに遺贈された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報