ケルソネソス・トラキニア(英語表記)Chersonēsos Trachinia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルソネソス・トラキニア
Chersonēsos Trachinia

ヨーロッパアジアの接点,ダーダネルス海峡ヘレスポントス)に面するヨーロッパ側の半島の古名。今日ではゲリボル半島と呼ばれる。前7世紀にギリシアアイオリス人(→アイオリス)やイオニア人植民黒海沿岸からの穀物貿易の航路上にあるため,アテネが再三争奪戦を演じた。ペロポネソス戦争後,一時スパルタ領となり,前353年頃再びアテネの植民地となったが,前338年マケドニア王国に奪われ,前188年セレウコス朝シリアからペルガモン王国に与えられ,前133年ローマに遺贈された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android