コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルマデク[諸島] ケルマデク

2件 の用語解説(ケルマデク[諸島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ケルマデク[諸島]【ケルマデク】

ニュージーランド北島の北北東約1000kmに位置する諸島。1887年以後ニュージーランド領。主島ラウール島(サンデー島)は火山島で,気象観測所,無電基地が置かれ,所員が居住。
→関連項目トンガ海溝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケルマデク[諸島]【Kermadec Islands】

南太平洋南部,オークランドの北東約1000kmにある火山性の島群。1887年以来ニュージーランド領。面積34km2,最高点525m。ケルマデク海溝に沿い地震が多い。1788年イギリス船,93年フランスの航海者ダントルカストーが発見し,後者が船名にちなんで命名した。過去2回の入植はいずれも失敗し,主島ラウール島(別名サンデー島)の気象観測所・通信所(1937設置,9人)のほかに定住人口はない。【谷内 達】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ケルマデク[諸島]の関連キーワードX線天体三千世界戸田忠昌グライダー競技K末法思想鋳物尺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone