コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルース宮殿 ケルースキュウデン

デジタル大辞泉の解説

ケルース‐きゅうでん【ケルース宮殿】

Palácio de Queluz》ポルトガル西部の町ケルースにある宮殿。18世紀にポルトガル王ペドロ3世と女王マリア1世の夏の離宮として建造。ベルサイユ宮殿を思わせるロココ調の建物で、フランス式庭園とイタリア式庭園がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ケルースきゅうでん【ケルース宮殿】

ポルトガルの首都リスボンの北西約15km、シントラ(Sintra)近郊のケルース(Queluz)の町にある、ブラガンサ王家(1640~1910年までポルトガルを統治した王朝)の夏の離宮。鉄道のケルース駅から徒歩約10分の場所にある。小さいが、「小ベルサイユ」と呼ばれるとおり、可憐で優美な宮殿である。女王マリア1世の夫ドン・ペドロが1758~1794年にかけて建設した。現在は外国賓客をもてなすレセプションなどに利用されている。宮殿内には、鏡が配された玉座の間、天井にドン・キホーテが描かれたドン・キホーテの間などがある。また、フランス式とイタリア式の庭園も見どころの一つといわれる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ケルース宮殿の関連キーワードAFL-CIOPAL方式ルイス(John Llewellyn Lewis)ルーサー電子政府ジョン・L. ルイス桜乃彩音ミーニールイスルーサー

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android