コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルース宮殿 ケルースキュウデン

2件 の用語解説(ケルース宮殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ケルース‐きゅうでん【ケルース宮殿】

Palácio de Queluz》ポルトガル西部の町ケルースにある宮殿。18世紀にポルトガル王ペドロ3世と女王マリア1世の夏の離宮として建造。ベルサイユ宮殿を思わせるロココ調の建物で、フランス式庭園イタリア式庭園がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ケルースきゅうでん【ケルース宮殿】

ポルトガルの首都リスボンの北西約15km、シントラ(Sintra)近郊のケルース(Queluz)の町にある、ブラガンサ王家(1640~1910年までポルトガルを統治した王朝)の夏の離宮。鉄道のケルース駅から徒歩約10分の場所にある。小さいが、「小ベルサイユ」と呼ばれるとおり、可憐で優美な宮殿である。女王マリア1世の夫ドン・ペドロが1758~1794年にかけて建設した。現在は外国賓客をもてなすレセプションなどに利用されている。宮殿内には、鏡が配された玉座の間、天井にドン・キホーテが描かれたドン・キホーテの間などがある。また、フランス式とイタリア式の庭園も見どころの一つといわれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケルース宮殿の関連キーワードマフラエストレラ聖堂カルモ教会シアードバイロアルトリスボン大聖堂レスタウラドーレス広場ロシオ広場

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone