ゲッピンゲン(英語表記)Göppingen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲッピンゲン
Göppingen

ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州の都市。シュツットガルトの東南東約 40km,フィルス川沿いにある。 1150年頃,ホーエンシュタウフェン家によって建設され,1273年にウュルテンベルク伯領となり,1425年と 1782年の大火で荒廃したが,第2次世界大戦後,東ヨーロッパからの移住者により人口が増加した。綿織物,電気,機械,玩具,皮革などの諸工業が立地。人口5万 4957 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android