コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルソニデス Gersonides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲルソニデス
Gersonides

[生]1288. バニョール
[没]1344頃
フランスのユダヤ思想家,聖書学者。 Levi ben Gershonともいう。哲学においては,マイモニデスにならって,アリストテレス主義とユダヤ教の融合を試み,アベロエス (イブン・ルシュド ) 思想を継承して,虚無よりの創造を認めず,神は先在質料から時間のなかで世界を形成するとした。その理性主義は,数学,天文学の分野にも及んでいる。主著には,アベロエス,アリストテレスの著作の注解書のほかに,『主の戦い』 Milhamot Adonaiなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゲルソニデスの関連キーワードクレスカス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android